環境と共生する社会経済形成事業

連携協約に基づき推進する具体的取り組み

(3)圏域全体の生活関連機能サービスの向上
A 生活機能の強化に係る分野

環境と共生する社会経済形成事業

関係市 全市
事業概要

圏域の山から海に至る環境保全活動(啓発・学習活動、体験活動、成果還元活動等)を推進する。

期待される効果

圏域の団体(企業等)と連携し、環境保全活動や啓発等を実施することにより、環境と共生した持続可能な社会を次世代に引き継ぐことが期待できる。

事業費見込額(千円)
2016(H28) 2017(H29) 2018(H30) 2019(H31) 2020(H32)
840 740 840 740 840 4,000
国・県補助事業の名称・補助率等

役割分担・費用負担等に係る基本的な考え方

・高岡市及び射水市は、本事業の実施に係る調整及び取りまとめを行う。
・高岡市は、圏域の環境保全施策全般に係る事務を統括する。
・射水市は、環境保全に係る啓発・学習活動の事務を統括する。
・他関係市は、本事業の推進に協力する。
・費用負担は、関係市の協議において決定する。(原則人口割)