生活関連機能相互連携事業

連携協約に基づき推進する具体的取り組み

(3)圏域全体の生活関連機能サービスの向上
A 生活機能の強化に係る分野

生活関連機能相互連携事業

関係市 全市
事業概要

圏域各市の生活関連機能・サービスに係る相互連携の推進を図る。
〔主な事業〕
・一般廃棄物処理連携(施設の相互応援体制の構築)
・下水道整備の促進
・消費生活相談業務連携

期待される効果

・一般廃棄物処理施設の事故や災害発生時における円滑な処理の遂行のほか、環境負荷の軽減やごみ処理コストの縮減が期待できる。
・流域下水道整備の早期事業化や効果的な下水の排除・処理が期待できる。
・消費生活相談事例の蓄積や専門性向上が期待できる。

事業費見込額(千円)
2016(H28) 2017(H29) 2018(H30) 2019(H31) 2020(H32)
0 4,000 1,000 1,000 1,000 7,000
国・県補助事業の名称・補助率等

役割分担・費用負担等に係る基本的な考え方

・高岡市及び砺波市は、本事業の実施に係る調整及び取りまとめを行う。
・高岡市は、一般廃棄物処理連携に係る事務を統括する。
・砺波市は、下水道整備の促進及び消費生活相談業務連携に係る事務を統括する。
・他関係市は、本事業の推進に協力する。
・費用負担は、関係市の協議において決定する。(原則人口割)