歴史的建築物の保全・活用事業

連携協約に基づき推進する具体的取り組み

(3)圏域全体の生活関連機能サービスの向上
A 生活機能の強化に係る分野

歴史的建築物の保全・活用事業

関係市 全市
事業概要

住居、宿泊施設、レストラン、カフェなどとして、歴史的・文化的・景観的に価値のある建築物の保全・活用を図る。

〔主な事業〕

・各市の活用事例を用いた見学会や勉強会の実施、事例集の作成によるノウハウの共有化

・保存・用途変更に係る法制面、技術面の課題整理

・歴史的・文化的・景観的に価値のある建築物の保全・活用実績作り(県の移住促進のための「空き家回収支援事業費補助金」等も活用)

期待される効果

歴史的建造物等の保全・活用に係る諸課題、ノウハウを共有することにより、これらの建物を活かした地域活性化が期待される。

事業費見込額(千円)
2016(H28) 2017(H29) 2018(H30) 2019(H31) 2020(H32)
0 3,300 3,300 3,300 3,600 13,500
国・県補助事業の名称・補助率等

移住促進のための空き家改修支援事業費補助金(県・市・移住者それぞれ1/3)

役割分担・費用負担等に係る基本的な考え方

・高岡市は、本事業の実施に係る事務局として調整及び取りまとめを行う。 ・他関係市は、本事業の推進に協力する。 ・費用負担は、関係市の協議において決定する。(原則均等割)